そんな日々。

大学生ぷらこの日常記録。 独り言ばっかり。過去は封印しました(^▽^)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋人と一緒に住むことになって
家を決めて、契約して、
契約開始日の前日にプロポーズされて、
はいとこたえて、2週間がたった。

とてもあっという間だ。

去年の今頃はなにをしていたか。
ぼんやりとしか思い出せない。

ここ半年は色々あったな。

自分が、自分の心に
ものすごく鈍感だということに気付いた。

自分の自尊心の低さ、傲慢さにも気付いた。

他人への感謝や敬意が足りないことにも気付いた。

それでも、
自分からしたら理想には程遠い私がいることと、
私に魅力があることとは別だよと言ってくれて、
ずっと一緒にいようと伝えてくれた人がいて、
本当にうれしい。

相手のことを幸せにしてあげたいとおもう。
スポンサーサイト
あたらしく恋人ができて数日が経った。
できたてホヤホヤ、っていうのが、
10代のころ以来だとおもう。
とてもたのしい。

まいにちたのしい。
きょうは、とってもいい失恋をした。

失恋なのかな、よく分からないけど。
恋みたいな感情から、より適切な形、親愛の情に消化されたかんじ。

今まで関わったことのないタイプの人と深く関わって、
その結果、彼の良いところを見つけて、
結果として大好きになれたことは
本当によかったとおもう。


私は自分を律しながら生きてきた。
悪い言い方をすると、自分を縛りまくっている。

やってはいけないこと、
やるべきではないこと、
こういう風に見られたくない
だからこういう言動は避ける
感情を出しすぎてはいけない
自己主張しすぎてはいけない

そういうルールを自分で設けるに至った背景とか、
その背景による出来事とか、
どれも鮮明に思い出せる。

ルールを厳しく守ることで傷つくことを避けてきたけど、
自分のルールで自分を傷つけることもあった。

思ってないことを口にするのはとてもエネルギーが必要です。
自分の中身をを磨耗させながら、必死で外側を取り繕っているということ。

本心と違うことを口にすることで、
自分も知らないうちに傷つくし、
それに気が付いてしまった
優しい人のことも傷つける可能性がある。

そこに気付けたこと、
自分の良さを素直に認めること、
それが、私が私を許せることに
いつか繋がっていくと思う。

もうちょっと深掘りしないといけないけどね。

遠回りをしてる人生だけど、
それが私なんだから、それで良いんだってことを認められたので、
とても救われた気持ちのある1ヶ月だったよ。
きのう久々に落ちてたけど、
寝たら普通に元気になった(._.)

しほちゃんの話は、相変わらず面白い。
もう、なんのきもちも、許されない。

大学の友人に会うことは楽しい。
けど、大学の、楽しかったことは、思い出さない。

普段、正解していると、全然平気なんだけど。
けど、より近い、話題になると
なんでか分からないけど苦しくなる。

ずっとずっと、苦しい。

いつからか、我慢しすぎて、おかしくなりそうだ。
それでも、なんの期待も無いだけきっとマシなんだろうか。

もう、ぜんぶ自分次第なんだから。
からっぽだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。